ヴラド・ドロニン

ヴラッド・ドロニンは、ラグジュアリーレジデンス、リゾートやホテル、商業施設などに特化した国際的な投資家であり、不動産開発企業のオーナーです。

創業者、会長兼CEO

アマングループのオーナーであり、会長兼CEOを務めるヴラッド・ドロニンは、他にはない美しいリゾート、ホテル、プライベート・レジデンスなどの名高いコレクションをラグジュアリートラベラーにご提供する、というビジョンを掲げています。

 

世界20か国に34軒のリゾートを展開するアマンは、2022年に開業したアマン ニューヨークに続き、今後もホテルやリゾートの開業を予定しています。2024年にはバンコクのアマン ナイラート、2025年にはメキシコ初のアマンのリゾートとなるアマンヴァリ、そしてサウジアラビア王国にも、初となる アマン アルウラの開業が控えています。さらに今後、アマンはアメリカにて4軒目となるアマン マイアミビーチを2026年に開業予定です。

未来は1月

2020年3月、ヴラッド・ドロニンは、アマンの姉妹ブランドとしてジャヌを立ち上げ、世界で称賛されているホスピタリティブランドの付加価値を継続的に高めています。アマンの比類ないおもてなしの精神と卓越したデザインを受け継ぎながら、アマンとは異なるペースや雰囲気で、活気あるソーシャルシーンを求めるラグジュアリートラベラーのために誕生しました。

 

この冬、ジャヌ初の拠点となるジャヌ東京が、ダイナミックでエネルギッシュな新しい街、麻布台ヒルズにオープンします。 また、サウジアラビアのアルウラ(2025年)と、ディルイーヤ(2026年)においても開業を予定しており、さらにトルコやタイ、韓国などその他の地域でもジャヌのプロジェクトが進んでいます。